偽りの自分

時には、弱音はいたっていいんだよ。

我慢しなくていいんだよ。

辛いときは辛いって言ってもいいんだよ。

無理しなくてもいいんだよ。

 

10代の頃、マイナス発言を封印していた時期があった。(約一年半)

良い面は、プラスの発言をする事で、

周りから「明るくなったね。」「なんだか最近楽しそう。」と言われるようになった。

でも、外に吐かない分、どんどんマイナスな感情が溜まっていき、心の中はドロドロだった。

しまいには、身体中に原因不明の湿疹ができていた。

マイナスを言うのも、思うのも、悪だと思い、

マイナスの感情が湧き出ようものなら

すぐに蓋をした。

そして自分を責めた。

友達の前でも、常に偽りの自分だった。

 

偽りは心の中に閉まっていても、他人にはバレてしまうもの。

冷え切ってカチカチになった感情は、

もう、ずっとこのままなのか?と出口のない暗いトンネルの中を彷徨っているようだった。

私は思い切って環境を変えた。

環境を変えたことで考え方も変わり

原因不明の湿疹も治っていった。

 

あの頃の私に言いたい。

もう、無理しなくていいよ。

隠さなくていいよ。

責めなくてもいいんだよ。

どの感情も大事なんだよ。

まずは、ありのままの自分を受け止めよう。

出口は必ずあるからね。

 

きっと、幸せな未来が待っています。

兼外 麻美
兼外 麻美
広島市安佐北区を中心に、対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

予約をする(空席確認)

兼外麻美のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントを残す

前の記事

変わらないもの

次の記事

ほぐす