その言葉の裏には

とあるお好み焼き屋さんのオーナーのお話。

開店して20年近くになるそうで、

お店を始めた頃は、お客さまから

「不味い。」と胸に刺さる言葉を頂いたこともかあったとか。

でもそのお客さまは、なんと今でも常連さんらしいです。

痛い言葉はできれば聞きたくないと思ってしまうもの。

だけど、言ってもらえるということは

良くなって欲しいという思いが隠されているのかもしれません。

そう考えると、痛いと感じる言葉にも

言ってくれた人の愛を感じる事ができそうですね。

今日は春分の日。素敵な一日をお過ごし下さいませ。

コメントを残す