幸せの秘訣

「100歳の少年と12通の手紙」という映画を観ました。

白血病の少年が亡くなるまでに神さま宛に12通の手紙を書きます。

特に印象的だった手紙の内容

 

「神様へ

明け方あなたが来たと感じました。

あなたは夜明けを作ろうとしていた。

神様と僕らはそこが違います。

あなたは飽きることがありません。

朝を作り 夜を作り その次は春、今度は冬

それが幸せの秘訣なんですね。

毎日、初めて見るように世界を見ることが。」

毎日を新鮮な気持ちで過ごすには

毎日変わらず朝が来ること、ご飯を食べれること

耳が聞こえること、話ができること、身体が動くこと

当たり前に感じること全てに感謝の気持ちを持ち続けることが大事だなと思いました。

コメントを残す