歩む道

自分の進みたい方向に走っていたら、辿りついた場所が理想とは違う時もあるかもしれない。

そこで、「ここじゃなかった。」と進むのを止めるのか、引き返してまた別の道に進む選択もできる。

どちらにしても、スタート地点よりも進んでいることは確か。

ここじゃなかったと思う場所も、目的地までの途中経過で実は必要なことなのかもしれない。

足を止めないこと。時には休憩も入れながら、少しずつでも歩きつづけたら、辿り着ける確率は上がる。

どんな事も自分にとって、ベストなタイミングでやってきていると信じよう。

道

コメントを残す

前の記事

思いやりの力

次の記事

平和な世界