帰省したときのお話

お義母さんは、お花や植物をとても愛する人。

お庭にはたくさんのお花や植物で溢れています。

それと数年前から畑を始め、久しぶりに帰省すると、トマトやきゅうり、ナスなどが美味しそうに実っていました。

「自分で育てた野菜を収穫するときに幸せを感じる。植物も野菜も、目をかけると綺麗な花が咲いたり、美味しくできる。目をかけ、手をかけることが大切。」

そう話すときの穏やかな笑顔が大好きです。

先日お誕生日を迎えられたお義母さん。実年齢より若々しくてお綺麗で、正にお手本です。

そんなお義母さんをイメージした薔薇のお花をプレゼントしました。

内面からにじみ出るキラキラした優しいオーラは一日一日を大切に過ごされているからでしょう。

お庭の綺麗なお花や豊かに実った野菜は、まるでお義母さんを表しているように思いました。

投稿者プロフィール

兼外 麻美
兼外 麻美

コメントを残す

花

前の記事

幸せそうなあの人

次の記事

夫婦喧嘩