離れてみて気づくこと

距離

先日、主人が出張で久しぶりに夜も不在の日がありました。

帰りはいつも早いわけではないのですが、一家の大黒柱が不在ということに、少し心細さを感じました。

ずっと一緒にいると、お互いの存在は当たり前のようになってしまうこともあります。

離れてみることで、その人の存在の大きさや、心の支えになっていること、感謝していることに気づくことができるかもしれません。

近すぎると見えないけど、離れて見ると色んなことに気づけます。

当たり前の関係になってしまったときに、相手を大切に思えなくなってしまったときに、距離を置くことも一つの方法なのかもしれません。

投稿者プロフィール

兼外 麻美
兼外 麻美

コメントを残す

前の記事

小さい秋

次の記事

個性